Network×Network目次

スポンサードリンク

クラウドWAF 導入方法

最近流行りのWAF(Web Application Firewall)を
導入することになった。インターネット上のどこかにある
クラウド型のWAF。

DNSのCNAMEを変えるだけで既存環境を変更せずに
簡単に導入が可能らしい。どういう仕組みなんだろ!?
ちょっと不思議に思ったので自分でも考えてみた。

[既存環境]
DNS CNAME
一般的な構成だとDNS登録はAレコード
だけで十分でしょう。
www.google.co.jp → 8.8.8.8

[WAF導入環境]
DNS CNAME
ポイントGのCNAMEを教えてるとこかな。
これならインターネット上にあるクラウドWAFに
向き先を切り替えることができる気がする。

他に方法があるならだれか教えてくださーい!!
お願いします。。


TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DNSとは

DNSとは!?初心者にはちとハードルが高いかも・・・

わかってるようで実はわかっていないのがDNS。
DNS(Domain Name System)とは私たち人間が
WEBを閲覧する際に入力しているアドレスをIPアドレスに
変換してくれる仕組みです。

[例]
https://www.google.co.jp → https://216.58.197.195

www.google.co.jpというアドレスだと覚えやすいのですが
216.58.197.195なんて数字はイチイチ覚えてられません。
この変換を自動的におこなってくれているので私たちは
気にせずネットサーフィンをすることができます。
なんて便利なんでしょう!!

この仕組みを名前解決といいます。
では実際にwww.google.comを見るときはどのような
仕組みで見れるのか詳細にみていきます。
DNS名前解決

実際にInternetExplorerからグーグルの
アドレスを入力してからページが表示されるまでは
ほんの数秒間です。その間に多くの情報のやりとりが
行われているのですね〜

DNSさまさまです!!
頭のいい人たちは凄いことを考えるんだな。





TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SLA(Service Level Agreement)とは?

SLA(Service Level Agreement)とは?

最近よく通信業者やクラウドサービスなどで耳にする言葉。
サービス・レベル・アグリーメント。要は品質保証である。

サービスを提供する業者が利用するユーザーにどれだけ
品質を保証できるかを明示したものとなる。

うちが提供してるサービスはこれや!
通信速度「1Gbps」、ダウンタイム「なし」など細かく
条件を提示しているため問題が起きた時も対処がしやすい。

またこの条件を満たせない場合は利用料金の
減額などを行う場合が多い。

やっぱり決め事は最初にキッチリ明確にして
おいたほうがいいよね〜♪

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SIerとは 読み方

お恥ずかしながら読めませんでした。
SIer
読み方:エスアイアー、エスアイヤー

SIerとはSystem Integration
(システムインテグレーション)を行う業者に
erをつけた造語。要はシステム屋ってこと。

顧客のシステム状況を把握してお客様の問題を
解決するようなシステムの提案、要件定義、構築、
運用サポートなどを行っていく。

SEはどちらかというと技術よりだがSIerは
コンサルティングよりの言葉。
ただその境目はあやふやな感じである。

最近はSIerの流れからSE的な仕事まで一括で
行う場合が多いと思う。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IoT読み方

IoTの読み方はそのまま「アイオーティー」です。
Internet of Thingsの頭文字を取ってIoTと
なります。ではIoTとは一体なんなのでしょうか?

簡単に言うとインターネットに接続できるモノを
IoTデバイスということができます。

スマートフォン、テレビ、デジカメは当たり前の
ようにネットワークに接続することができます。
また冷蔵庫、エアコン、体重計など今までITとは
無縁に思えた家電製品も最近はネットワークに接続して
遠隔操作できたりします。

家に帰る前にエアコンをつけておいて部屋を涼しく
しておくと帰ったとき気持ちよく過ごせます。
体重計はネットワークに接続して毎日のデータを
パソコンに送って健康管理することができます。
IoTデバイスが増えていくことで生活がどんどん
便利になっていきます。

懸念点としてはセキュリティでしょうか。
簡単にIoTデバイスに接続できるということは
セキュリティはあまり高くありません。
そもそもインターネットに接続するということ自体
不正操作や情報漏洩などのリスクを抱えてしまいます。

あと若者は機械になれてるから問題ないと思うのですが
高齢者はIoTを理解できない可能性もあります。
もちろん高齢者も恩恵にはあずかれると思います。
血圧計で血圧を図ると病院に情報を送って生存確認が
できるなど活用方法は色々と考えられます。




世の中便利になることはいいのですが
それにともなって色々考えないといけない
ことも増えてきましたね。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Iaas / Paas / Saas 読み方は

◆Iaasとは
Infrastructure as a Serviceの略。
読み方は「アイアース」または「イアース」。
両方とも使われてるようです。

クラウドで使用するサーバーのハードウェアスペックやOSを
ユーザーが自由に選択して使用することができるサービス。
ユーザーの知識が豊富にないと構築するのがツライかも。

◆Paasとは
Platform as a Serviceの略。
読み方は「パース」。

アプリケーションが稼働するためのプラットフォームを
クラウド上で提供するサービス。
データセンターなどにプラットフォームを準備して
環境を企業に貸し出すサービス。
アマゾンのAWSマイクロソフトのMicrosoft Azure
グーグルのGoogle App Engine(Google Cloud Platform)などなど!

◆Saasとは
Software as a Serviceの略。
読み方は「サース」。

お店で購入していたソフトウェアをインターネット経由で
提供し利用できるようにしたサービス。
また端末(PC,スマホ,など)を選ばずに利用でき、データの保存や
同時編集なども行うことができる。
グーグル社のGoogle AppsマイクロソフトのOffice365など。

こーしてみると世の中便利になってく一方だな。
お客様先にハードウェア構築してくことなんてどんどん
減ってくのかな〜



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MACアドレス検索、ベンダーコード一覧

MACアドレスの先頭6文字を
OUI(Organizationally Unique Identifier)と呼ぶ。
IEEE(米国電気電子技術者協会)がOUIを管理し、
ネットワーク機器ベンダーに割り当てている。

とういうことはある程度どこのベンダーの
ネットワークカードなのか調べることができるということである。

そんなときに便利なのが下記ページ!!

*MACアドレス検索ページ
MACアドレス検索
http://mac.uic.jp/

*MACアドレスベンダーコード一覧
MACアドレス、ベンダーコード一覧
http://www.vor.jp/oui/oui.html

*怪しい機器を探す切り札はMACアドレス
IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140120/530926/?rt=nocnt

怪しいマックアドレスが存在した場合是非
調べてみましょう〜
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FW IDS/IPS WAF 違い

ネットワーク機器の境目は意外とわかりにくい。
というかどんどん境目がなくなってきてる。

FW(ファイアウォール)はライセンス次第ではIDS/IPS機能を
追加することが出来る機器が増えている。
しかし人様に説明するにあたり何かしらの境目がないと難しい。

そこでFW、IDS/IPS、WAFの機能の違いを会社の出社ルートに
たとえて説明したいと思います。

FWとIDS/IPSの違い
ファイアウォール&IDS/IPS&WAFの違いとは?説明図

FW(ファイアウォール):会社の門(壁)
IDS:監視カメラ(監視するだけ)
IPS:門番(怪しそうな人間がきたら判断して止める)
WAF:認証(社員証など身分を証明する必要あり)

こんな感じでしょうか。
世の中便利になっていろんな機器が一つになっていく
傾向がありますが、それぞれの役割がはっきり分かれて
いるのも職人っぽくて素敵だと思う今日この頃です。



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACL/PACL/VACL 読み方

それにしてもIT用語の読み方は難解です。
最初の頃はよく知ってるフリして後で
ネットや本で調べたりしてました〜

◆ACL
access-listの略
読み方:アクル

◆PACL
port access-listの略
読み方:パクル

◆VACL
vlan access-listの略
読み方:ヴァクル

ちなみに全く関係ないのですが昔後輩が
archive(アーカイブ)のことをアーチブって言ってました。
何のこと言ってるのか分からなかったけど・・・・(笑)


TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FEC/GEC 読み方(Cisco用語)

FEC/GECも最初言ったときは「何それ!?」って
聞かれたことがあります。

◆FEC
CISCOのFastEtherChannelの略
読み方:フェック

◆GEC
CISCOのGigabitEtherChannelの略
読み方:ゲック

設定するときに固定/LACP/PAgPと選択できる。
FEC/GECともにCISCO様が作った読み方。
みんな従うしかありません!!



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login