Network×Network目次

スポンサードリンク

IPマスカレード(PAT) NAPTの違いは

IPマスカレード(PAT)はLINUXで元々使われていた言葉である。
正式にRFCで規定した名前はNAPT(RFC2663)となる
のだが、なぜかIPマスカレードのほうが有名なままである。

1つのグローバルアドレスで複数台のプライベートアドレスPCから
インターネット接続を行う際に必要となる技術である。
IPアドレス+ポート番号を変換することで管理している。

ちなみにNATは1対1のアドレス変換方法である。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | NAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cisco機器でNAT

Cisco機器でNATを行う場合注意が必要です。

最近はシスコCatalystのL3switchを多く見かけますが
CatalystでNATが可能なのは6500シリーズだけです。

NATを行う場合はCiscoルータを選択しましょう。

シスコ機器でNAT
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | NAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ
login

無料レンタル
login