Network×Network目次

スポンサードリンク

Windows 7 iso 書き込み 表示されない

DVDにISOを焼きたいときって多々ありますよね!?
それがWindows7以上のOSだとライティングソフトが
なくてもできてしまう!!なんて便利な世の中になったんだ。

と思ってたけどなぜか[ディスクイメージの書き込み]が
ISOファイルを右クリックしても表示されにない。なぜだ!?

1.表示されない確認
ISOファイル>右クリック>表示されない
Windows 7 iso 書き込み 表示されない

2.設定確認
右クリック>プロパティ>全般タブ>変更
windows 7 iso 書き込み 表示されない

3.設定変更
推奨されたプログラム>Windowsディスクイメージ書き込みツール>OK>OK
Windows 7 iso 書き込み 表示されない

4.確認
ISOファイル>右クリック>ディスクイメージの書き込み
Windows 7 iso 書き込み 表示されない

5.書き込み
書き込み用ドライブを選択>書き込み
windows 7 iso 書き込み 表示されない

するとWindowsのデフォルト機能でISOファイルをイメージファイルと
してメディアに書き込むことができます!!!
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows FQDN 確認 コマンド

Windows FQDN 確認 コマンド

Windowsコマンドプロンプトで
FQDNドメイン名を確認する方法。

ここから
--------------------------------------------------------------------------
C:\>net config workstation
コンピュータ名     \\testpc
フル コンピューター名 test-pc.testdomain.com
ユーザー名        test_user

アクティブなネットワーク(ワークステーション)
NetBT_Tcpip_{00000000-0000-0000-0000-000000000000} (000000000001)
NetBT_Tcpip_{00000000-0000-0000-0000-000000000000} (000000000008)
NetBT_Tcpip_{00000000-0000-0000-0000-000000000000} (000000000009)
NetBT_Tcpip_{00000000-0000-0000-0000-000000000000} (000000000002)

ソフトウェア バージョン Windows 7 Professional

ワークステーション ドメイン TESTDOMAIN
ワークステーション ドメイン DNS 名 testdomain.com
ログオン ドメイン TESTDOMAIN

COM デバイス オープン タイムアウト (秒) 0
COM デバイス送信バイト数 (バイト) 16
COM デバイス送信タイムアウト (ミリ秒) 250
コマンドは正常に終了しました。

C:\>
--------------------------------------------------------------------------

フル コンピューター名の[test-pc.testdomain.com]がFQDNとなります。
ソフトウェア バージョンもわかっちゃうんですね〜。

あとワークステーション ドメインとログオン ドメインは
NETBIOS名となります。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LAN接続後のクライアント通信速度確認方法

LAN接続後スイッチ側で接続速度を確認するのは
コマンドで簡単にできます。

[ciscoスイッチ接続通信速度確認]
#show interface status

これでポートの一覧が表示されるので確認できます。
ではクライアントPC側はどのように確認すればいいのでしょうか。

[クライアント接続通信速度確認]
方法1 NIC
スタート>コントロールパネル>ネットワーク接続>NICを選択>
右クリック>状態
クライアント通信速度確認方法

速度を確認すると1.0Gbpsとなっています。
クライアント通信速度確認方法

方法2 Windowsタスクマネージャー
Ctrl+Alt+Del 同時押し>タスクマネージャーの起動>ネットワーク
クライアント通信速度確認方法

どちらでも簡単に確認できますね〜。
以上。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマンドプロンプトで容量の大きいファイルを作成

コマンドプロンプトで容量の大きいファイルを作成する方法

バックアップやファイルコピーなどのテストを
行うときに限って大きいファイルサイズのデータが
なかったりする。いつもタイミングは悪いものである。

そんな時に役に立つのがfsutilコマンド。

C:\>fsutil file createnew [ファイル名] [ファイルサイズ]

・ファイル名:作成したいファイル名
すでに同じ名前のファイルやフォルダがあるとエラーとなる。

・サイズ:作成したいファイルのサイズ。10進数指定。

[テストファイル作成]
約10GBのテストファイルを作成してみましょう。

C:\>fsutil file createnew test.txt 10240000000
コマンドプロンプトファイル作成

Cドライブ直下を確認するとtest.txtファイルが作成されています。
コマンドプロンプトファイル作成

選択して右クリック。約10GBのファイルの完成です。
コマンドプロンプトファイル作成

ちょうど10GBのファイル作成。
以上。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SID 確認方法

SID(Security Identifier,セキュリティ識別子)を確認
したくてしたくてたまらなくなったのでしてみた。

[SID識別子確認]
C:\>whoami /user
SID識別子
これでSIDがわかります。

[SYSPREP]
そのままSYSPREPも実行。
SID番号を書き換えてくれます。
C:\>cd Windows\System32\sysprep
C:\Windows\System32\sysprep>sysprep /generalize
SID識別子

OK
SID識別子

このあと再起動が自動的に行われます。
SID識別子

PCのクローニングやvCenterでサーバーをクローンした際は
sysprepを実行してSIDを書き換えましょう。
同一SIDだとドメイン参加できなかったり何かと弊害があります。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows7 ショートカットキー

Windows7 .cpl ショートカットキー



[説明]
マウスを動かして操作するのではなくキーボードだけで操作!
それがショートカットキー。これであなたも玄人まっしぐら〜

[ショートカットキー実行]
スタート>[ファイル名を指定して実行]からcplコマンドを実行
コマンド .cpl コマンド一覧 
プログラムと機能 appwiz.cpl
Windows ファイアウォール firewall.cpl
システムのプロパティ sysdm.cpl
アクションセンター wscui.cpl
インターネットのプロパティ inetcpl.cpl
マウス main.cpl
キーボード main.cpl @1
サウンド mmsys.cpl
日付と時刻 timedate.cpl
電源オプション powercfg.cpl
ネットワーク接続 ncpa.cpl
ゲームコントローラ joy.cpl
地域と言語のオプション intl.cpl
画面 desk.cpl
スキャナ-とカメラ control sticpl.cpl
Windows Update wuapp.exe
システム control.exe /name Microsoft.System
デバイスマネージャー devmgmt.msc
ユーザーアカウント control.exe userpasswords
データソース(ODBC) odbc

WindowsXP .cpl ショートカットキー
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WindowsXP ショートカットキー

WindowsXP .cpl ショートカットキー



[説明]
キーボードだけで恰好よく操作。
ってか慣れてくるとこっちのほうが圧倒的に速い!

[ショートカットキー実行]
スタート>[ファイル名を指定して実行]からcplコマンドを実行
コマンド .cpl コマンド一覧 
日付と時刻 timedate.cpl
電源オプション powercfg.cpl
ネットワーク接続 ncpa.cpl
インターネットオプション inetcpl.cpl
ハードウェアの追加
(デバイスマネージャー)
hdwwiz.cpl
プログラムの追加と削除 appwiz.cpl
マウス main.cpl
キーボード main.cpl @1
ユーザー アカウント nusrmgr.cpl
システム sysdm.cpl
Windows ファイアウォール firewall.cpl
セキュリティセンター wscui.cpl
サウンドとオーディオデバイス mmsys.cpl
ゲームコントローラ joy.cpl
電話とモデムのオプション telephon.cpl
地域と言語のオプション intl.cpl
画面 desk.cpl
自動更新 wuaucpl.cpl
データソース(ODBC) odbccp32.cpl
ユーザー補助のオプション access.cpl
スキャナとカメラ control sticpl.cpl

Windows7 .cpl ショートカットキー
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows10 UAC 完全に無効化

Windows7でUAC(ユーザーアカウント制御)を無効にするときは
レバーを下げるだけで簡単にできた。
しかしWindows10からはそうは問屋が卸さない。
なんとレジストリを設定する必要があります。

1.ユーザーアカウント設定変更
スタート>コントロールパネル>ユーザーアカウント>
ユーザーアカウント制御設定の変更>レバーを通知しないまで下げてOK
UAC 無効

2.レジストリ設定変更
スタート>プログラムとファイルの検索>regedit>レジストリエディタが起動
UAC 無効

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
を開いて右タブのEnableLUAをダブルクリック
UAC 無効

値のデータに[0]と入力してOK
UAC 無効

これでWindows10でも完全にUACを無効にすることができます。



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ping ipv4 ipv6

コマンドプロンプトでPINGはこの業界に勤めていれば
幾度となくやっているでしょう。

ただお客様先のPCでPINGを行うとipv6で応答するときがある。
ipv6無効設定も可能だがお客様PCの設定を勝手に変更する
わけにもいかない。。

そこで有効なのが一時的にipv4のPINGを打つこと!

1.CMD起動
スタート>プログラムとファイルの検索>CMD

2.ipv4 PING方法
C:\>ping -4 PCNAME(ホスト名)
PCNAME[192.168.1.1] に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=255
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=255
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=255
192.168.1.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=255

この方法だと一時的にipv4で応答するpingが打てます。
逆にipv6でping打ちたい場合は、
C:\>ping -6 PCNAME
これでipv6でPINGを打ってくれます。

意外と便利なPINGの小技!


TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows10の無償アップグレード

マイクロソフトのWindows10アップグレードはもうお済みでしょうか?
Windows7及びWindows8.1がWindows10への無償アップグレード対象となります。
ただし無償なのは2016年7月29日まで!!

それ以降は有償パッケージ版か、ダウンロード版を購入しないと
いけなくなります。マイクロソフトの4月公式発表では無償アップデート期間の
延長は絶対にしないとのこと・・・・今回は厳しいですね。

アップデートはマイクロソフトの公式ページからできます。
Windows10 アップデートサイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade

サイトではカウントダウンしており、無償アップデート期限は
7月29日までと記載されております。ただしカウントダウンメーター
を正確に読み取ると終了期限は7月30日18時59分59秒になります。

無償アップグレード期間終了後だと購入価格は以下になりそうです。
Windows 10 Home 1万5000円くらい
Windows 10 Professional 2万2000円くらい

アップグレード時間は数時間程度で必要なデータのバックアップは
とってからアップグレードしてください!!
では健闘を祈ります。。

Windows10アップグレード


TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ
login

無料レンタル
login