Network×Network目次

スポンサードリンク

NAT NAPT IPマスカレード違い

NAT NAPT IPマスカレード違い

■NAT(Network Address Translation)
読み方:ナット
IPアドレスを1対1で変換する。
グローバルIP一つに対してローカルIPを一つ紐づける。
外部(インターネット)から内部機器へ接続する場合が多い。
また内部から外部へ接続する際にも変換可能。

■NAPT(Network Address and Port Translation)
読み方:ナプト
IPアドレスを1対多で変換する。変換方法はIPアドレスとポートの組み合わせで行う。
内部機器から外部(インターネット)に接続する場合が多い。

■IPマスカレード(IP Masquerade)
読み方:アイピーマスカレード
基本的にはNAPTと同じ動作をする。
元々はLINUXにおける機能名称である。
古い人間にはこちらの呼び方のほうが馴染みがあるかも。

■PAT(Port Address Translation)
読み方:パット
基本的にはNAPTと同じ動作をする。
CISCO(シスコ)用語となる。

■ENAT(Enhanced NAT)
読み方:イーナット
基本的にはNAPTと同じ動作をする。

■NATオーバーロード
読み方:ナットオーバーロード
基本的にはNAPTと同じ動作をする。

ちなみに「IPマスカレード」「ENAT」「PAT」「NATオーバーロード」
と呼び方はいろいろあるが、RFC2663で「NAPT」という呼び方に
名称を統一しているので胸を張ってNAPTといいましょう!

電機屋さんで販売しているブロードバンドルータ(インターネット接続用)の
機能でNATと記載があるものはほとんどの場合NAPTのことを言っています。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | NAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: