Network×Network目次

スポンサードリンク

Windows インターネット共有 IP変更

Windowsインターネット共有設定方法でパソコンをルーター
として使用できるようにしました。

しかしこのデフォルト設定だとIPアドレスが
192.168.137.1/24で勝手に決められてしまいます。

そこでIPを手動で設定してみます。

■PC(ルーター)
1.クライアントPCが接続するIPアドレス変更方法
コマンドプロンプトからレジストリエディタ起動

C:>regedit

2.IP変更
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥services¥SharedAccess¥Parameters
のScopeAddress
※¥は半角

ScopeAddressが192.168.137.1になっていることが確認できる。
IP変更1.jpg

ScopeAddressをダブルクリックして指定したいIPへ変更。
ここでは10.10.10.1とする。
IP変更2.jpg

ScopeAddressが変わったことを確認。
IP変更3.jpg

■クライアントPC設定
1.クライアントPCのIPアドレスを変更。
IPアドレス:10.10.10.201
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:10.10.10.1
優先DNSサーバー:10.10.10.1
※DHCPで自動的に取得することも可能

これでインターネットへ接続することが可能となる。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: