Network×Network目次

スポンサードリンク

Windows静的 arp 登録

WindowsのPCからサーバにPINGを打つと飛んだり飛ばなかったり・・・
同じセグメント同士なので飛ばない理由がわからない。

■環境
[PC設定]
IP : 192.168.1.201
mask : 255.255.255.0
GW : 192.168.1.1
mac : cc-cc-cc-cc-cc-bb

[サーバ]
IP : 192.168.1.11
mask : 255.255.255.0
GW : 192.168.1.1
mac : cc-cc-cc-cc-cc-aa

[ルーター]
IP : 192.168.1.1(セカンダリIP : 192.168.1.2)
mac : cc-cc-cc-cc-cc-zz

PC(192.168.1.201)からサーバ(192.168.1.11)へtracerouteをかけると
なぜかルーターのセカンダリIP(192.168.1.2)を参照している。意味不明である。
とりあえず切り分けとして以下を行った。

■PCにて切り分け
ゲートウェイ削除 結果:変わらず
再起動 結果:変わらず
arp情報削除(コマンドプロンプトでarp -d) 結果:変わらず

arp -aコマンドでPINGを飛ばしたいサーバー(192.168.1.11)を確認すると
ルーターらしきmacアドレスが表示される。

不思議です。とは言え上位のスイッチやルーターは管理部署が
違うので手が出せない。

ってことでIPアドレスとmacアドレスを固定(静的)で設定する
ことにしました。

■静的arp設定その1(arp -s)
[PCにて確認]
コマンドプロンプトを管理者権限で実行してmacアドレステーブルを確認。
C:/>arp -a
192.168.1.11 cc-cc-cc-cc-cc-zz 動的

[PCにて設定変更]
C:/>arp -s 192.168.1.11 cc-cc-cc-cc-cc-aa
C:/>arp -a
192.168.1.11 cc-cc-cc-cc-cc-aa 静的

[サーバーにて確認]
C:/>arp -a
192.168.1.201 cc-cc-cc-cc-cc-zz 動的

[サーバーにて設定変更]
C:/>arp -s 192.168.1.201 cc-cc-cc-cc-cc-bb
C:/>arp -a
192.168.1.201 cc-cc-cc-cc-cc-bb 静的

PCだけじゃなくサーバーのMACアドレスもGWに向いていたので変更。
そしてお互い無事にPINGが飛ぶようになりました!!
OSのバージョンによってはarp -sコマンドでmacアドレスの登録ができないようです。
その場合は以下コマンドで。

■静的arp設定その2(netsh)
[PCにて設定変更]
C:/>netsh
netsh>interface ipv4
netsh interface ipv4>set neighbors "インターフェース名" "192.168.1.11" "cc-cc-cc-cc-cc-aa"
netsh interface ipv4>

"インターフェース名"は設定したいNICの名前を入力します。
イーサネットとかローカルエリア接続が多いですかね。
ipconfig /allで確認すればわかります。

[PCにて設定確認]
netsh interface ipv4>show neighbors

[PCにて設定削除]
netsh interface ipv4>delete neighbors "インターフェース名" "192.168.1.11" "cc-cc-cc-cc-cc-aa"

末端の機器でMAC登録やルーティングを設定するのはおすすめしませんが
どうしてもというときは是非。



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | トラブルシューティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: