Network×Network目次

スポンサードリンク

FSMO 役割保持者確認方法

新しいADをドメイン参加させた後ドメコンに昇格!
FSMOもサクッと移してあとは確認だけ。
そんなとき便利なのがコマンドでの確認

[FSMOコマンド確認]
コマンドプロンプト起動
C:\>netdom /query fsmo
FSMOコマンド確認
これで5つとも確認できます。
・スキーママスター
・ドメイン名前付けマスター
・PDC
・RIDプールマネージャー
・インフラストラクチャマスター

続いてGUIで確認する方法。
[FSMO GUI確認]
*RIDマスター、PDCマスター、インフラストラクチャマスター
スタート>管理ツール>Active Directoryユーザーとコンピューターを選択>
左ペインのActive Directoryユーザーとコンピューター>
ドメインを選択して右クリック>操作マスター
RIDマスター
タブで切り替えて3つ確認できます!

*ドメイン名前付けマスター
スタート>管理ツール>Active Directoryドメインと信頼関係を選択>
左ペインのActive Directoryドメインと信頼関係を右クリック>操作マスター
FSMO 操作マスター

操作マスターが確認できます
FSMO 操作マスター

*スキーママスター
スタート(右クリック)>ファイル名を指定して実行>
regsvr32 schmmgmt.dllと入力してOK
スキーママスター

schmmgmt.dllのDllRegisterServerは成功しました。
と表示されればOK。
スキーママスター

スタート(右クリック)>ファイル名を指定して実行>mmcと入力
スキーママスター

管理コンソールで、
ファイル>スナップインの追加と削除
スキーママスター

スナップインの追加と削除>
利用できるスナップインからActive Directoryスキーマを選択>
追加>選択されたスナップインに追加されたことを確認してOK
スキーママスター

Active Directoryスキーマを右クリック>操作マスター
スキーママスター

スキーママスターの確認ができます。
スキーママスター

おすすめはコマンドです。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | SERVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: