Network×Network目次

スポンサードリンク

コマンドプロンプトで容量の大きいファイルを作成

コマンドプロンプトで容量の大きいファイルを作成する方法

バックアップやファイルコピーなどのテストを
行うときに限って大きいファイルサイズのデータが
なかったりする。いつもタイミングは悪いものである。

そんな時に役に立つのがfsutilコマンド。

C:\>fsutil file createnew [ファイル名] [ファイルサイズ]

・ファイル名:作成したいファイル名
すでに同じ名前のファイルやフォルダがあるとエラーとなる。

・サイズ:作成したいファイルのサイズ。10進数指定。

[テストファイル作成]
約10GBのテストファイルを作成してみましょう。

C:\>fsutil file createnew test.txt 10240000000
コマンドプロンプトファイル作成

Cドライブ直下を確認するとtest.txtファイルが作成されています。
コマンドプロンプトファイル作成

選択して右クリック。約10GBのファイルの完成です。
コマンドプロンプトファイル作成

ちょうど10GBのファイル作成。
以上。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447850129

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

無料レンタル
login