Network×Network目次

スポンサードリンク

Windows Server2008 役割と機能をコマンドで確認する方法

Windows Server2012からはPowerShellで簡単に
役割と機能の一覧を表示できます。

一応Windows Server2008にもコマンドプロンプトから
インストールされている役割と機能の一覧を表示できる
のですがなぜか推奨されていません(笑)

[Windows Server2008 役割と機能の一覧]
1.コマンドプロンプト起動
2.役割と機能の一覧コマンド
C:\>servermanagercmd -query > manager.txt

Cドライブ直下に保存されたmanager.txtを開くと
役割と機能が一覧表示されます。

一番上に冷たい文章が記載されています(笑)
Servermanagercmd.exeは推奨されていません。
また、今後のWindowsのリリースでのサポートも保証されてません。

あとは×がついてるところがインストールされている役割です。
----- 役割 ------
[×] Active Directory Rights Management サービス [ADRMS]
[×] Active Directory Rights Management Server [ADRMS-Server]
 [ ] ID フェデレーション サポート [ADRMS-Identity]

便利なコマンドです。
以上。。

Windows Server2012 PowerShell 役割と機能の一覧コマンド表示
Windows Server2008 パッチ一覧 コマンド
Windows Server ログ取得



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

無料レンタル
login