Network×Network目次

スポンサードリンク

ip address 169.254

ネットがつながらない。まーよくあることである。
そこでとりあえずコマンドプロンプトを開いて確認。

C:\>ipconfig /all

IPアドレスが169.254.XXX.XXX
と見慣れないものになっている。

これはAPIPA(Automatic Private IP Addressing)と呼ばれる
IPアドレスを自動的にPCに割り当てる機能である。
APIPAアドレスが表示されるとインターネットには出れない。

[原因1(物理LAN)]
物理LANをまずは疑いましょう。
LAN線の挿し直しや交換を行ってみてください。

[原因2(DHCP)]
PCでDHCPが有効になっているのだがアドレスを取得できない。
DHCPサーバーが正常に動作してるか確認してください。
DHCP配布用に設定してるIPアドレスが十分あるか確認してください。

DHCP有効:はい
自動構成有効:はい
自動構成IPv4アドレス:169.254.xxx.xxx(優先)
サブネットマスク:255.255.0.0

*DHCPアドレスの再取得コマンド
C:\>ipconfig /release
C:\>ipconfig /renew

[原因3(重複)]
固定IPを振っているのにIPアドレスが169.254.XXX.XXXと表示される。

DHCP有効:いいえ
自動構成有効:はい
自動構成IPv4アドレス:169.254.xxx.xxx(重複)
サブネットマスク:255.255.0.0

これはIPアドレスが重複しているためである。
ipconfigコマンドで確認すると(重複)と表示されている。
最近のOSは賢くIPアドレスがバッティングすると169.254.XXX.XXX
で表示される。この場合違うIPアドレスを設定しましょう。

[原因4(Proxy-ARP)]
原因3でIPアドレス重複と表示されているがネットワーク内に
同じIPアドレスを設定してる機械がない場合。
L3スイッチでproxy-arpが有効になっているためスイッチからARP応答が
返されてしまいアドレスが重複してるように認識してしまう。

Catalyst# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Catalyst(config)# interface G1/0/1
Catalyst(config-if)# no ip proxy-arp
Catalyst(config-if)# end
Catalyst# wr

CISCO シスコサポートコミュニティ
L3 スイッチアドレスの競合検出についての仕様確認

これで治らなかったらお手上げです!
APIPAを無効にする方法もついでに書いときます。

[APIPA無効設定]
1.PC全体でAPIPA無効
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

Parameters>右クリック>新規>DWORD(32ビット)値
ip address 169.254

新しい値#1 ⇒ IPAutoconfigurationEnabled
apipa

値のデータ:0 (1にすると有効に戻ります)
表記:16進数
ip address 169.254

2.NIC単位でAPIPA無効
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\(無効にするアダプタ選択)
※アダプタを選ぶと右ペインにIPアドレスが表示されるので確認する。

(無効にするアダプタ選択)>右クリック>新規>DWORD(32ビット)値
新しい値#1 ⇒ IPAutoconfigurationEnabled
値のデータ:0 (1にすると有効に戻ります)
表記:16進数

これでAPIPAが無効になります。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

無料レンタル
login