Network×Network目次

スポンサードリンク

Windows Serverバックアップが失敗する!

外付けUSBハードディスクにWindowsバックアップをとりたい。
きっと簡単だろうと気軽に考えていたのだが実際やって
みると全然うまくいかない。なぜだ!?

よく「Windows 2TBの壁」なんて言われて大容量ディスクを導入しても
少ない容量しか表示されないなんてことが少なくなかった。
これとはまた違う問題のようで調べてると「4K問題」というのが浮上。

3K(キツイ、キタナイ、キケン)なら聞いたことあるのだが・・・・
今市販のHDDには従来の512セクタ(512バイト)製品、
次世代の4Kセクタ(4KB)の2種類の製品が流通してるらしい。
そしてこの4KセクタのHDDが曲者なのである。

今回おこないたいのは、
◆環境
OS:Windows Server 2008 R2
バックアップ種類:Windowsバックアップ
保存先:外付けUSBハードディスクドライブ

先ずはWindowsバックアップが取得できるように環境構築。
サーバーマネージャー>機能の追加>Windows Server バックアップの機能>
次へ>インストール
スタート>管理ツール>Windows Server バックアップ

これでWindowsバックアップが取得できるはずだったのですが
なぜか途中で失敗する。

コマンドプロンプトを起動してセクタサイズの確認をします。
C:\administrator>fsutil fsinfo ntfsinfo D:
※最後の[セクタを確認するドライブを指定
セクターあたりのバイト数:4096

他のUSBハードディスクでも同じようにセクタサイズを確認。
セクターあたりのバイト数:512
この512のUSBハードディスクを使用したところバックアップ
できてしまいました。

どーやら規格の問題でバックアップがうまくいってないようです。
今回のUSBハードディスクはWD(ウエスタンデジタル)社製のもの
だったのでツールを使用してセクタ数を変更することができた!

WD Support
http://support.wdc.com/KnowledgeBase/answer.aspx?ID=3868

セクタ問題
赤箱で囲ったところをクリックしてダウンロード。

WD Quick Formatterを実行>続行>同意する>
[フォーマットするドライブを選択]
構成:最適合(Vista以上が必要)
>ドライブのフォーマット

再度ドライブのセクタを確認。
C:\administrator>fsutil fsinfo ntfsinfo D:
セクターあたりのバイト数:512
これでWindowsバックアップも取得できちゃいます!!

ちなみにArcserve Backupもこけていたのですが
512セクタに変更したところエラーなくバックアップが
とれるようになっちゃいました♪ラッキーです☆

※フォーマットのときに選択できるのは
「アロケ-ションユニットサイズ」なので「セクタ」とは別になります。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login