Network×Network目次

スポンサードリンク

pac ファイル 設定方法

SQUID プロキシ サーバーからiFilterプロキシサーバーへ移行作業。
プロキシ設定情報はproxy.pacとwpad.datを使用して行う。

IISサーバーは新規で用意する。
既存環境に影響をあたえない状態でテストは行う。

IE起動>インターネットオプション>接続タブ>LANの設定>
自動構成>設定を自動的に検出する
にチェックをいれることで自動的にwpad.datファイルを探しに
行ってくれます。

wpadはDNSサーバーの前方参照ゾーンに
登録されている必要があります。
wpadは現在SQUIDプロキシサーバーと同じIPで登録されているので
本番切替時にはiFilterプロキシサーバーと同じIPに変更する。

*作業前DNS情報
SQUIDSVR01:10.1.1.111
IFILTERSVR01:10.1.1.222
wpad:10.1.1.111

*本番切替時DNS情報
SQUIDSVR01:10.1.1.111
IFILTERSVR01:10.1.1.222
wpad:10.1.1.222

テスト時はクライアントのhostsファイルを使用して
プロキシ切替テストを行います。
これで本番環境に影響を与えることなくテストが可能。

さーそれでは設定して行きましょう!!

[IIS設定]
1.IISのインストール
(インストール方法は別途ググってください)

2.pacとdatファイル準備
C:\inetpub\wwwrootフォルダ直下にproxy.pacとwpad.datをコピー。
二つのファイルがない場合は作成します。
proxy.pac&wpad.dat作成方法

3.IISの設定※必須作業
スタート>管理ツール>インターネットインフォメーションサービスを起動
サーバーを選択>MIMEの種類>追加
ファイル名の拡張子:.dat
MIMEの種類:application/x-ns-proxy-autoconfig
OK

4.pacとdatファイル確認
IEを起動してURLに入力。
http://[IISサーバー名orIP]/proxy.pac
※これでproxy.pacを開くか、または保存しますか?
とプロンプトが表示されればOK。

http://[IISサーバー名orIP]/wpad.dat
※これで.wpad.datを開くか、または保存しますか?
とプロンプトが表示されればOK。

[クライアントテスト]
1.hosts追記
C:\Windows\System32\drivers\etc\hostsファイルをメモ帳で起動。
10.1.1.222 wpad.domain.local
[新規iFilterサーバーIP] [新規iFilterサーバー名.ドメイン名]

2.IEキャッシュクリア
IEのキャッシュをクリアして再起動。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/271361
※自動プロキシキャッシュに情報が残ることがあるそうである。
なぜかクライアント再起動ではキャシュがクリアされなかった。

3.DNS確認
コマンドプロンプト起動
ping -a wpad
※10.1.1.222に飛ぶこと。

4.プロキシ確認
IEを起動してインターネットが接続できること。
iFilterで規制してるページを参照してiFilterのブロック
ページが表示されること。

これでプロキシサーバーの切替テストを既存環境に影響を
あたえることなく行うことができました。よかったです。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | SERVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434994869

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

アクセスランキング
login