Network×Network目次

スポンサードリンク

F5 BIG-IP 2000 仮想MACアドレス

F5でフローティングIPアドレス(仮想IP)を設定する場合
仮想MACアドレスも設定しないといけない。

アクティブ機とスタンバイ機で冗長化していても
それぞれのMACアドレスを参照しているため切り替えが
うまくいかない場合がある。

Device Management>Traffic Groups>traffic-group-1を選択
MAC Masquerade Address:[ここに仮想MACアドレスを入力]

※Traffic Groupsの場所はF5のOSバージョンによって場所が違う。
※仮想MACアドレスのルールはこちらを参照
F5 仮想MACアドレスルール SOL3523

まーようは頭のアドレスが00で始まってる場合は
1bit追加して02になるようである。

設定後の確認としては対向先の機器でMACアドレスを
確認して仮想MACアドレスが表示されていればOK。

PCの場合、c:\>arp -a
ciscoの場合、#show arp




TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | F5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

無料レンタル
login