Network×Network目次

スポンサードリンク

cisco ios アップデート 手順

cisco ios アップデート 手順
久しぶりにCatalystのIOSバージョンアップを行った。
一応メモ。

◆binファイルの確認
Switch>en
Switch#dir
Directory of flash:/

2 -rwx 1048 Mar 1 1993 00:06:24 +00:00 multiple-fs
3 drwx 512 Mar 1 1993 00:04:56 +00:00 dc_profile_dir
5 drwx 512 Mar 1 1993 00:35:19 +00:00 c2960s-universalk9-mz.150-2.SE
603 -rwx 616 Mar 6 1993 20:33:19 +00:00 vlan.dat

[c2960s-universalk9-mz.150-2.SE]はディレクトリなのでさらに一階層下に下がります。

Switch#dir flash:/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE
Directory of flash:/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE/

6 drwx 6144 Mar 1 1993 00:29:31 +00:00 html
601 -rwx 13605558 Mar 1 1993 00:30:52 +00:00 c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin
602 -rwx 632 Mar 1 1993 00:34:24 +00:00 info

[c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin]が実際のIOSとなる。

◆TFTPサーバー準備
自分のパソコンをTFTPサーバーにします。
今回使うのはpoor TFTP

ダウンロード後、ptftp32.exeをクリックします。
あとはパソコンにIPアドレス192.168.1.1/24を設定すれば完了。

◆Cisco Switch準備
スイッチとクライアントPCが通信できるように設定します。

Switch>en
Switch#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch(config)#int vlan 101
Switch(config-if)#ip address 192.168.1.100 255.255.255.0
Switch(config-if)#no shut
Switch(config-if)#exit
Switch(config)#int range g1/0/1 - 48
Switch(config-if-range)#switchport access vlan 101
Switch(config-if-range)#switchport mode access
Switch(config-if-range)#no shut
Switch(config-if-range)#end
Switch#

◆通信確認
ポートにLAN線を接続してクライアントPCからping確認を行います。

PC作業
ping 192.168.1.100

◆IOSの保存
Switch#copy flash:/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin/ tftp:
Address or name of remote host []? 192.168.1.1
Destination filename [c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin]?
!!!!!!!!!!!!!!!!.!!!!!!!!!!!!!!!!!!!.!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
13605558 bytes copied in 61.357 secs (221744 bytes/sec)
Switch#

ビックリマークが並ぶと成功です。

◆エラー
・クライアントPC
TFTPサーバーが立ち上がってるか確認
IPアドレスの確認
PING確認

・Cisco Switch
ファイルのパス確認
IPアドレスの確認
PING確認

◆コピー後の確認
コピーされたbytes(容量)確認。
今回はCiscoのIOS容量が13605558bytesなので
クライアントPCにコピーされたファイルのプロパティを見て
同じ容量であることを確認。

◆IOSのアップデート
TFTPサーバーからCisco SwitchにIOSをインストール(アップデート)
する場合は下記方法で行います。

Switch#copy tftp:/ flash:/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE/
Address or name of remote host []? 192.168.1.1
Source filename []? c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin
Destination filename [/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin]?
%Warning:There is a file already existing with this name
Do you want to over write? [confirm]
Accessing tftp://192.168.1.1/c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin...
Loading c2960s-universalk9-mz.150-2.SE.bin from 192.168.1.1 (via Vlan101):
!!!!!!!!!!!!!!!!!!O!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!O!!!!!!!!!!!
[OK - 13605558 bytes]

13605558 bytes copied in 173.156 secs (78574 bytes/sec)

Switch#

以上でアップデート完了です。
アップデートしたIOSからブートするときは

Cisco bootsystemの変更コマンド
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(1) | TrackBack(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かりやすくかったです〜ときどき、flash:の下の空き容量がないと、tftpが失敗することがあります(何度もアップグレード、ダウングレードしたときなど)また、古い機種によっては、しょぼい容量しかなくて、前のバージョンをいったん消してやらないとダメなときも・・・そんなときは、deleteで .binを消してから、再度tftpすればうまくいくかと。
Posted by むむむ at 2013年10月12日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371374301

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login