Network×Network目次

スポンサードリンク

CISCO機器をNTPクライアントに設定

ROUTERA(config)#ntp server 192.168.1.1
を設定する。

ROUTERA#sh run
にてコンフィグを確認すると。
-*-*--*-*-*-*config-*-*-*-*-*-*-
ntp clock-period 17179861
ntp server 192.168.1.1
-*-*--*-*-*-*config-*-*-*-*-*-*-

ntp clock-period 17179861
という1行が自動的に計算され追加される。
基本的にこの値は自動的に計算されるため設定を変更
してはいけない。

時刻同期が行われず手動設定をどうしても行う場合はこのHPを参照するべし。
ntp clock-period を手動設定したくなる時
http://hetarena.com/archives/432

※ローカルクロックに対する分散(ゆらぎ)を最小にしてやらないと、
UNIX系(多くのネットワーク機器を含む)では信頼してくれないのでNTPサーバがWINDOWSの場合のときは
まずは分散の値を変更します。
WINDOWS2008SERVERをNTPサーバとして設定
http://network-cisco.seesaa.net/article/281769898.html



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | NTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

無料レンタル
login