Network×Network目次

スポンサードリンク

WINDOWS2008SERVERをNTPサーバとして設定

WINDOWS2008サーバをNTPサーバとして設定
※ESXiなど仮想サーバをNTPサーバにしてはいけない

今回はネットワーク機器の時刻同期先として急遽Windows2008サーバを
NTPサーバとしてたてることになった。

レジストリを起動
regedit.exe

HKEY_LOCAL_MACHINE
→SYSTEM
→CurrentControlSet
→Services
→W32Time
→TimeProviders
→NtpServer
の「Enabled」を1へ変更
NTPサーバ


HKEY_LOCAL_MACHINE
→SYSTEM
→CurrentControlSet
→Services
→W32Time
→Config
の「AnnounceFlags」を5へ変更
NTPサーバ


基本はこの二つを設定してコマンドプロンプトで下記コマンドを入力
net stop w32time && net start w32time
NTPサーバ


UNIX系のサーバやネットワーク機器の同期を行う場合はさらに
HKEY_LOCAL_MACHINE
→SYSTEM
→CurrentControlSet
→Services
→W32Time
→Config
の「LocalClockDispersion」を0へ変更
NTPサーバ


再度ntpサービスを再起動する。コマンドプロンプトにて
net stop w32time && net start w32time

※ローカルクロックに対する分散(ゆらぎ)を最小にしてやらないと、
UNIX系(多くのネットワーク機器など)では信頼してくれないので
この設定を行う必要があります。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | TrackBack(0) | NTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281769898

この記事へのトラックバック

ブログパーツ
login

無料レンタル
login