Network×Network目次

スポンサードリンク

SAN Switch Brocade(ZONING2)


Zoningの構成手順
1.Default Zoningの確認
Zone設定が何もない場合はデフォルトですべての機器同士が
アクセスできる状態となっています。

2.alias作成
設定を行うときに(Domain IDとポート番号)(WWN)だけだと
わかりづらいため双方にわかりやすい名前をつけてあげるのがaliasです。
これにより作業効率の向上およびミス削減が図れます。

3.Zone作成
1イニシエータ1Zoneとなるようにサーバ毎にZoneを作成する。
Zoneに複数のデバイスを入れることも可能です。
同じZoneにいれたデバイス同士はお互いが通信可能になります。

4.Zone Config作成
Zoneを束ねたのがZone Configです。

5.Zone Configの有効化
Zone Configの有効化を行いアクセス制御を開始します。
Zone設定の変更を行ったときも必須の作業となります。
有効化を行わないと設定は反映されません。



1.Default Zoningの確認。
defzone --show
で現在の状態を表示

--allaccess 全デバイスアクセス可能
--noaccess 全デバイスアクセス不可

DefaultZoningの設定変更したときは
cfgsave
コマンドでZone設定情報の保存する。

2.alias作成
alicreate "alias名","Domain ID,ポート番号"
alicreate "alias名","WWN"

間違って作成した場合は
alidelete
コマンドで削除できます。

alishow
で設定した情報がみれます。


alicreate "serv","1,0"

3.Zone作成
zonecreate "HBA1(ゾーン名)","alias名"
zonecreate "HBA1(ゾーン名)","Domain ID,ポート番号"
zonecreate "HBA1(ゾーン名)","WWN"

Zoneの作成はZonecreateで行い引数として
alias名、Domain IDとポート番号、WWNが可能です。
またセミコロンで(;)複数登録することもできます。

先ほど設定したaliasでZone作成
zonecreate "HBA1","serv"

複数設定する場合は
zonecreate "HBA1","serv;1,1;1,2"

すでに存在するZoneに追加する場合
zoneadd "HBA1","1,3"

Zoneから一部メンバを削除する場合
zoneremove "HBA1","serv"

Zone自体を削除する場合
zonedelete "HBA1"

Zone設定情報を確認するとき
zoneshow


4.Zone Config作成
cfgcreate "cfg1(Zone Config名)","HBA1(ゾーン名)"

cfgcreateコマンドでZone Configを作成します。
引数としてZone Config名とZone名を指定します。
またセミコロンで(;)複数登録することもできます。

複数設定する場合は
cfgcreate "cfg1","HBA1;HBA2"

すでに存在するZone Configに追加する場合
cfgadd "cfg1","HBA3"

Config Zoneから一部メンバを削除する場合
cfgremove "cfg1","HBA3"

Config Zone自体を削除する場合
cfgdelete "cfg1"

Config Zone設定情報を確認するとき
cfgshow


5.Zone Config有効化
cfgenable cfg1
コマンドでZone Configの有効化を行う。

これでZONINGの設定は終了です。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | SAN Switch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login