Network×Network目次

スポンサードリンク

SAN Switch Brocade(ZONING1)

1.Zoningとは

接続されたデバイス間でアクセス制御を行う。
イーサスイッチでいうVLANにあたります。
これにより作業による影響範囲や障害を限定したり、
高いセキュリティを保つことができる。

Zoningは追加ライセンスが必要ありません。
Zoningを行うときは『1イニシエータ1Zone』が基本である。
イニシエータとはHBAポートのこと。

2.Zoningのやり方には2種類ある。
【Port Zoning】

スイッチのDomain IDとポート番号の組み合わせ。
san switch BROCADE ZONING

<メリット>
HBAを交換してもZoning設定情報を更新する必要がない

<デメリット>
障害切り分けのためにポート差し替えを行うことができない


【WWN Zoning】

デバイスのWWNでZone指定する。
san switch BROCADE ZONING

<メリット>
障害切り分けのためにポート差し替えを行える
セキュリティレベルが高い

<デメリット>
HBAを交換するとWWNが変わるのでZoning設定情報を更新する必要がある

※WWN(World Wide Name)とはHBAハードウェアに固定的に
割り当てられた64bits(8bytes)のアドレス。
これは変更することができない。MACアドレスみたいなものです。


SAN Switch Brocade(ZONING2)



※基本的にPort Zoningで設定する場合が多いようです。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | SAN Switch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login