Network×Network目次

スポンサードリンク

SAN Switch Brocade(デフォルト設定)

SAN Switchの初期設定

1.シリアル接続でIPアドレスを設定。
デフォルトは10.77.77.77というIPアドレスが振られています。
【デフォルト設定】
IP : 10.77.77.77
user : admin
password : password

これでログイン
ログイン後、IPアドレスを変更します。

ipaddrset
san switch

IPアドレスが設定されたか確認。
ipaddrshow
san switch

変更されています。
これでIPアドレスが設定されました。


2.スイッチ名の設定。
switchname "名称"
san switch

今回はSANSW1とします。
switchnameで確認
san switch

3.日付と時間の設定。
2011年5月11日02時48分03秒は
051102482011.03となります。
san switch

dateで確認
san switch

タイムゾーンの設定もしておきます。
tstimezone --interactive(このオプションで対話形式設定となる)
san switch
san switch

※タイムゾーン設定が有効になるのは再起動後。

4.NTPの設定。
tsclockserver 10.10.10.10
これでNTPサーバを設定

NTPサーバ参照をやめる場合はローカルを指定する。
tsclockserver LOCL

tsclockserverで確認
san switch

5.Domain IDの設定
スイッチに動的に割り振られる一意なIDのこと。
このIDでZoneの指定を行ったり、Fabric内で使用される
アドレスを生成する。

管理性の面から重複しない番号を自分で振り管理するのが
よいとされている。万が一重複しても重複しない番号へ
変更される。

switchdisable
コマンドでスイッチをオフライン状態にする。

configure
コマンドで設定。
Fabric parametersの項目でyと答えるとDomain IDの設定を
行うことができます。

san switch

switchenable
コマンドでスイッチをオンライン状態に戻す。

※他のパラメータについても引き続き質問されるが、
Ctrl+Dで設定を抜けることができる。

※基本的に重複しないIDに変更されるのですが
たまにうまく変更が行われずに通信できない状態が
発生することがあります(セグメンテーション)。

6.設定情報の保存。
スイッチの設定がすべて終了したらコンフィグの
バックアップをとっておきましょう。

FTPサーバを用意します
configupload
san switch

障害が発生してスイッチの設定を戻したい場合は
configdownload
コマンドを使用してFTP→スイッチに
コンフィグをダウンロードする。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | SAN Switch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login