Network×Network目次

スポンサードリンク

VLSM CIDR 違い

VLSMとは
「一つのネットワークを小さなサブネットに分ける」ということ。
例えば2台のホストしか持ってないネットワークに対しクラスCのアドレスを
割り振ると割り当て可能なホスト数が多すぎて無駄が増えるので、
細かく必要な分だけ割り振れるように1bit単位でサブネットマスクを
変更できるようにしたのがVLSM。

CIDRとは
「いくつかのネットワークを一つにまとめる」ということ。
例えば1500台くらいのホストを持つネットワークに対しクラスBのアドレスを
割り振っていては割り当て可能なホストの数が多すぎて無駄が増えるので、
複数の連続したクラスCのアドレスを割り当ててサブネットマスクを
変更することで大きなネットワークに見せかけるようにしたのがCIDR。

二つの用語はにているので同義語として使われる場合が多いように思う。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | Router | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login