Network×Network目次

スポンサードリンク

MRTG データ取得

では実際にMRTGを動かしてみましょう。

コマンドプロンプトを立ち上げ下のように入力。
C:\mrtg-2.16.2\bin>perl mrtg mrtg.cfg

するとWARNING表示がされます。
これが表示されなくなるまで実行します。

自動実行の設定をmrtg.cfgで行っている場合は(RunAsDaemon:Yes)
Ctrl+Cで一度停止させてからWARNING表示されなくなるまで
実行してください。
perl動作


これでグラフが作成されます。

mrtg.cfgで設定した保存場所を確認してみましょう。
俺の場合は
WorkDir: C:\mrtg-2.16.2\web\mrtg_webfiles
となります。

そこに新しくファイルがいくつかできます。
perl動作


拡張子が.htmlのファイルを選択して
クリックします。するとウェブブラウザ上に図が表示されます。
perl動作


5分後くらいにもう一度同じ.htmlファイルをクリックして
みると更新されておりデータが取得されているはずです。

perlやDeamonを使用して自動実行する場合は
cmdプロンプトの画面を消さないようにしましょう。

Do Not close this window. Or MRTG will die
と表示されるので大丈夫だとは思いますが・・・
perl動作
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | MRTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ブログパーツ
login

無料レンタル
login