Network×Network目次

スポンサードリンク

VLAN(Cisco+ProCurve構成)

BLADE2台とCiscoスイッチを下の図のように
三角構成にする必要がでてきました。
procurve

三角構成とはいえvlanが異なるので
本来はspanning-treeが働くことはありません。

しかし実際にはspanning-treeが働いてしまい
下の図の×の箇所がきれてしまいます。
spanning-tree

どうしてスパニングツリーは働いてしまうのでしょうか。

Cisco機器ではPVST(Per-VLAN Spanning Tree)がデフォルト
になるのでVLANを作成すると作成したVLANの番号が
VLANIDとなりスパニングツリー番号となります。
HP-PROCURVE

ProCurveスイッチではVLANを作成するとすべてが
スパニングツリー1に属してしまいます。
HP-PROCURVE
青い箱のVLAN番号と赤い箱のスパニングツリー番号が
違いますね。

赤い箱のスパニングツリー番号がすべて1となっています。
この状態で三角構成を作るとすべてがスパニングツリー1と
認識してしまいスパニングツリーが働きます。

そこでスパニングツリー番号を変えていきます。
HP-PROCURVE
VLAN551はスパニングツリー1のままですが、
VLAN552はスパニングツリー2となっています。
これで違うスパニングツリーに参加したことになるので
三角構成を組んでもスパニングツリーは働きません。

※実際にはスパニングツリー番号をVLANとあわせて
あげるのがいいです。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

いつもCISCO製品ばかり扱っていたので
スパニングツリーが働く理由がわかりませんでした。

わかってしまうと簡単なことなのですが、
わかるまでが大変でした。
やっぱり知識というのは重要ですね〜

もうちょっと精進します☆
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | VLAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ブログパーツ
login