Network×Network目次

スポンサードリンク

CISCO SPAN(送信【tx】、受信【rx】)

SPAN設定を行うとデフォルトでは送信、受信(both)と両方監視します。
送信(tx)だけ、受信(rx)だけの監視も行えます。

3550(config)#monitor session 1 source interface f0/1 rx
←受信パケットだけをキャプチャしたい場合
3550(config)#monitor session 1 destination interface f0/2

インターフェースを監視する場合は双方向(both)の監視でいいのですが、
vlanを監視するときは通常一方向のみの監視を行います。
これはvlan監視の場合ほぼすべてのパケットが重複するからです。


同時に複数のインターフェースのパケットキャプチャを行う場合は、

3550(config)#monitor session 1 source interface f0/1 - 2
←f0/1とf0/2のポートをキャプチャしたい場合
3550(config)#monitor session 1 destination interface f0/3
←f0/3が二つのポートの複製となります




TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | SPAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ブログパーツ
login

無料レンタル
login