Network×Network目次

スポンサードリンク

LINUX 容量確認 コマンド

LINUXでディレクトリ配下の各ファイル容量を知りたい。
パーティション別の容量、使用量、空容量は以下コマンドでわかる。

■パーティション(dfコマンド)
[root@]#df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/sda2 100G 12G 88G 12% /
tmpfs 1.6G 0 1.6G 0% /run
/dev/sda1 500G 238G 262G 48% /data

-h 人に優しいサイズ表記となります。

パーティションは簡単にわかりました。
ではディレクトリ単位ではどうでしょうか。
特定ディレクトリの使用状況は以下コマンドでわかる。

■ディレクトリ(duコマンド)
[root@ backup]#du -sh ./*

-s 合計サイズだけを表記。(これいれないとすべてのファイル容量が表示されます)
-h 人に優しいサイズ表記となります。
./ 現在のディレクトリを指定(相対パス、絶対パスどちらでもOK)
* これを付け足すとディレクトリ配下のファイル単位で表示してくれる。

<確認1>
lsコマンドでbackupディレクトリを確認
[root@ backup]#ls -l
backup1 backup2 backup3

backupディレクトリの下にさらに3つディレクトリが確認できます

<確認2>
[root@backup]#du -sh
50G .

<確認3>
[root@backup]#du -sh ./*
21G ./backup1
15G ./backup2
14G ./backup3

コマンドのオプションにより表示される内容がガラッと変わります。



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | LINUX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FortiAnalyzer 初期設定

FortiAnalyzerの初期設定。
届いたらまず検品をしましょう。
物がすべて揃っていれば問題なし。

FortiAnalyzer1000Eの見た目は2Uのサーバです。
電源を投入する前にまずHDDを各スロットに挿入します。
各HDDの挿入先スロットが決まっているのでラベルを
確認して挿入していきましょう。

FA図1.JPG

HDD0〜HDD7すべてにディスクを挿入したら電源を入れます。
ランプ状況を確認し、完全に起動するまで気長に待ちましょう。

今回はGUIで接続します。
パソコンに以下の情報を設定してLANでPCとFortiAnalyzerを接続。
■接続PC
IPアドレス:192.168.1.11
サブネット:255.255.255.0
ゲートウェイ:なし

■FortiAnalyzer1000E(接続先)
初期IPアドレス:192.168.1.99

ブラウザを起動して接続します。
http://192.168.1.99/

無事接続に成功すると以下のような画面が表示されます。
FA図2.JPG

初期ユーザ名と初期パスワードは以下となります。
ユーザ名:admin
パスワード:なし

ログインするとホーム画面が表示されます。
FA図3.JPG

システム設定をクリックします。
するとFortiGateでも見慣れたダッシュボード画面に切り替わります。
ファームウェアのバージョンはv5.6になってるのが確認できます。
FA図4.JPG

先ほど挿入したHDDが問題なく認識されているか確認します。
左ペインのRAIDマネジメントを選択。
するとディスクの管理状況が確認できます。
FA図5.JPG

すべて正常に動作してますね。
とりあえず今日はここまで!





TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | FortiAnalyzer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FortiAnalyzer 初期パスワード

FortiAnalyzerの初期パスワードは

ユーザ名:admin
パスワード:なし

となっています。

初期IPアドレス:192.168.1.99

となっているのでhttp接続も可能です。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | FortiAnalyzer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows静的 arp 登録

WindowsのPCからサーバにPINGを打つと飛んだり飛ばなかったり・・・
同じセグメント同士なので飛ばない理由がわからない。

■環境
[PC設定]
IP : 192.168.1.201
mask : 255.255.255.0
GW : 192.168.1.1
mac : cc-cc-cc-cc-cc-bb

[サーバ]
IP : 192.168.1.11
mask : 255.255.255.0
GW : 192.168.1.1
mac : cc-cc-cc-cc-cc-aa

[ルーター]
IP : 192.168.1.1(セカンダリIP : 192.168.1.2)
mac : cc-cc-cc-cc-cc-zz

PC(192.168.1.201)からサーバ(192.168.1.11)へtracerouteをかけると
なぜかルーターのセカンダリIP(192.168.1.2)を参照している。意味不明である。
とりあえず切り分けとして以下を行った。

■PCにて切り分け
ゲートウェイ削除 結果:変わらず
再起動 結果:変わらず
arp情報削除(コマンドプロンプトでarp -d) 結果:変わらず

arp -aコマンドでPINGを飛ばしたいサーバー(192.168.1.11)を確認すると
ルーターらしきmacアドレスが表示される。

不思議です。とは言え上位のスイッチやルーターは管理部署が
違うので手が出せない。

ってことでIPアドレスとmacアドレスを固定(静的)で設定する
ことにしました。

■静的arp設定その1(arp -s)
[PCにて確認]
コマンドプロンプトを管理者権限で実行してmacアドレステーブルを確認。
C:/>arp -a
192.168.1.11 cc-cc-cc-cc-cc-zz 動的

[PCにて設定変更]
C:/>arp -s 192.168.1.11 cc-cc-cc-cc-cc-aa
C:/>arp -a
192.168.1.11 cc-cc-cc-cc-cc-aa 静的

[サーバーにて確認]
C:/>arp -a
192.168.1.201 cc-cc-cc-cc-cc-zz 動的

[サーバーにて設定変更]
C:/>arp -s 192.168.1.201 cc-cc-cc-cc-cc-bb
C:/>arp -a
192.168.1.201 cc-cc-cc-cc-cc-bb 静的

PCだけじゃなくサーバーのMACアドレスもGWに向いていたので変更。
そしてお互い無事にPINGが飛ぶようになりました!!
OSのバージョンによってはarp -sコマンドでmacアドレスの登録ができないようです。
その場合は以下コマンドで。

■静的arp設定その2(netsh)
[PCにて設定変更]
C:/>netsh
netsh>interface ipv4
netsh interface ipv4>set neighbors "インターフェース名" "192.168.1.11" "cc-cc-cc-cc-cc-aa"
netsh interface ipv4>

"インターフェース名"は設定したいNICの名前を入力します。
イーサネットとかローカルエリア接続が多いですかね。
ipconfig /allで確認すればわかります。

[PCにて設定確認]
netsh interface ipv4>show neighbors

[PCにて設定削除]
netsh interface ipv4>delete neighbors "インターフェース名" "192.168.1.11" "cc-cc-cc-cc-cc-aa"

末端の機器でMAC登録やルーティングを設定するのはおすすめしませんが
どうしてもというときは是非。



TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | トラブルシューティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイル共有 windows10 できない

Windows10のPCからNASに接続できなくて一苦労。
接続はエクスプローラーから\\192.168.1.11とIP直打ちでも
特にエラーもなく接続失敗。IP直打ちでダメならDNSや
hostsは関係ないと判断。

ウィンドウズファイアウォールや接続情報の残骸が
残ってることなどを疑っていたのですが結論から
いうと関係なかった。

<確認した内容>
・通信確認(PINGは正常に飛ぶ)
・名前解決の有無(IPで接続失敗するため関係なし)
・ウィンドウズファイアウォール(なし)
・ウィルスソフト(なし)
・資格情報マネージャー(Windows資格情報を削除)
・net useコマンドで接続情報一覧の確認(一覧にエントリなし)
・net useコマンドでドライブ割り当て(SMBエラーの表示)

原因はクライアント側でWindows10のSMB1.0が無効化
されていたことにありました。NAS側でSMB2.0が有効に
なっていなかったようです。

[Windows10でSMB1.0有効化]
1.コントロールパネル起動
Windowsキー>Windowsシステムツール>コントロールパネル
WS000034.JPG

2.SMB1.0設定有効
[プログラムと機能]を選択
WS000035.JPG

[Winodowsの機能の有効化または無効化]を選択
WS000036.JPG

[SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート]にチェック
WS000037.JPG

これで再度接続してみたところ正常にファイル共有できることが
確認できました。ラッキーです☆

ちなみにパソコンでSMBのバージョンを確認する方法は以下となります。

[SMBバージョン確認方法]
コマンドプロンプトにて以下コマンドを実行
C:\>sc.exe qc lanmanworkstation
WS000039.JPG

DEPENDENCIES : MRxSmb20
となっていればSMB2.0が有効となっています。

DEPENDENCIES : MRxSmb10
ならSMB1.0が有効となっています。

以上。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シスコやジュニパー下落−アマゾンがスイッチ機器市場参入との報道で

 13日の米株式市場でシスコシステムズなどネットワーク
機器関連の銘柄が下落した。アマゾン・ドット・コムの
クラウド部門アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が独自の
スイッチ機器の販売を始める可能性があるとの報道が嫌気された。

 AWSは世界で140億ドル(約1兆5700億円)規模の
スイッチ機器市場への参入を計画しており、
企業コンピューティングの市場により深く踏み込むことを
示唆していると、ジ・インフォメーションが協議に詳しい
関係者からの情報として伝えた。

それによると、AWSはいわゆるホワイトボックス・スイッチの
価格を互換性のあるシスコ製品よりも70−80%低い水準に
設定する見込みで、ジュニパーネットワークスや
アリスタネットワークスなど既存のメーカーにとって手ごわい
ライバルになり得る。

 シスコは売上高の半分超をハードウエアに依存しており、
スイッチとルーターの2製品が同社のハードウエアで最も大きな
ウエートを占める。シスコ株は一時6.1%下落。
ジュニパーも一時3.9%、アリスタは6.2%、それぞれ下げた。

 アマゾンにコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。
原題:Cisco, Juniper Fall on Report Amazon May Sell Data Switches(抜粋)

シスコやジュニパー下落−アマゾンがスイッチ機器市場参入との報道で
Bloombergニュース参照
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
いよいよアマゾンが本気でネットワークハードウェアにまで参入
するようです。これはかなりの脅威になるのではないでしょうか。
AWSへ接続する機会まで抑えてしまえばもう怖いものはないでしょうね。

Cisco製品の実績や安定性は定評ありますがいかんせんお値段が張ります。
アマゾンスイッチは7,8割安いとのことなのでかなり売れるのでは
ないでしょうか。

仮想スイッチとかもすぐに出てきそうだな。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MicrosoftがGitHub買収?

一番心配なのは、ユーザーの人たち。

オープンソースになったソフトウェアのコードをシェアし、
「プログラマーのFacebook」とも呼ばれているGitHub(ギットハブ)が、
Microsoft(マイクロソフト)社に買収されるかもしれない、と
Bloombergが伝えています。

これについてどちらの会社も否定していますが、はやければ現地時間の
月曜日にも起きる可能性があるようです。

Business Insiderいわく、Microsoftは数年にわたってGitHubを
買収したい旨を匂わせ続けてきました。ですが、やっと彼らが興味を
明らかにしたのは先週金曜日のこと。一方GitHub側は、これまで
ずーっと「独り身で全然かまわないよ」って顔をしていましたが、
この話題は急激にふくらんでいき、世間では「いよいよ実現するか!?」
という空気になっているのです。

そこで米Gizmodoが本件について質問をぶつけてみましたが、
Microsoftの広報は「噂や憶測については何もお答えできません」との
返答があり、GitHubからは無回答のままとなっています。

さらにBusiness Insiderによりますと、GitHubはつい半年前に
「上場したがっている」と伝えられ、新規上場株式会社になるには
どうしたら?と模索していたそう。ちなみにGitHubの評価は、
2015年時点で20億ドル(約2200億円)。しらばっくれていても、
信憑性は大いにありますよね。

またBloombergの報道では、GitHubは2014年にMicrosoftでCEOの座に
ついたサティア・ナデラに感銘を受け、一部を売却することを選んだと
伝えています。ナデラはMicrosoftをオープンソースの世界で最も
影響力の強いスポンサーにしようと考えているのです。

たとえばApple(アップル)やAmazon(アマゾン)、それに
Facebook(フェイスブック)やGoogle(グーグル)といったテック系
企業も、GitHubを利用しています。ですがGitHubのデータによると
Microsoftは群を抜いて多く1,000人以上の社員がコードを寄稿しており、
相当なヘビーサポーターとなっているのです。しかもThe Vergeによれば、
GitHubにはWindowsのファイルマネージャーのオリジナル・コードも
見つかると指摘されています。

GitHubの住人は、最近Microsoftがオープンソースをかき集める様子に
懐疑的な目を向けています。Microsoftが自分たちのところに飛びついて
来ることに、とにかく否定的な様子です。コメントには、代替サービス
としてGitLabに乗り換えるなんて声も。

アメリカでの月曜日、もしくは買収が最終的に決定するタイミングで、
Microsoftには大量の質問が寄せられるでしょう。
特にGithubに関係する開発者たちを、どう納得させていくのでしょうか?

MicrosoftがGitHub買収?
オープンソースのコミュニティは今後どうなっていくのか

GIZMODO参照
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ってかマイクロソフトどんだけ貪欲なん!?
金持ってたらなんでも買っていいわけじゃないぞ?

今のプロジェクトでもGithubめっちゃ使ってるけど
マイクロソフト傘下になったら嫌がるやつらめっちゃいそう。
ってかマイクロソフトっていつからこんなに嫌われてるんだろ!?(笑)

おれはWindows派だから全然いいけど。
べ、べつにビルに媚びてねーし。。。

「マイクロソフト帝国裁かれる闇」
って本読んでるんだけどビルゲイツってやっぱり頭いい。
やり方が汚いっていう人もいるようだけど単純に人より頭がいい。

20年くらいまえに銀行の機能はいずれ取って代わられるから
ほとんどの銀行は必要なくなるようなことを言ったのがビルゲイツとか。
当時はみんなに馬鹿なやつだって言われたらしいけど、
今や現実となりつつある。どこまで先を見てるんだろ!?
ってか未来を見てきた一人なのかな・・・・・


TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fortigate Demo

Fortinet社の製品デモセンターがあります。

FortiADC Demo
FortiAnalyzer Demo
Forti AP Demo
FortiAuthenticator Demo
FortiCache Demo
FortiClient EMS Demo
FortiCloud Demo
FortiDDos Demo
FortiGate-CGN Demo
FortiGate Next-Generation Firewall Demo
FortiGate Ruggedized Demo
FortiGate SD-WAN Demo
FortiGate Secure Web Gateway Demo
FortiGate-VM Demo
FortiMail Demo
FortiManager Demo
FortiPortal Demo
FortiRecoder Demo
FortiSandbox Demo
FortiSIEM Demo
FortiSwitch Demo
FortiVoice Demo
FortiWAN Demo
FortiWeb Demo
FortiWLC Demo
FortiWLM Demo

やっぱりデモ環境は必要ですよね〜
ってかFortinet社の製品ってこんなにもあるんだ。
いつもFortiGateとFortiAnalyzerしか提案していない(笑)
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | Fortigate | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リモートデスクトップ(RDP) 接続できない

WindowsUpdateをしてからリモートデスクトップが接続できなくなった。
リモートデスクトップ接続ができないと不便すぎるぞ!

■リモートデスクトップ(RDP)接続エラー内容
rdp2.JPG
認証エラーが発生しました。
要求された関数はサポートされていません

リモートコンピューター:[リモート先IPアドレス]
原因はCredSSP暗号化オラクルの修復である可能性があります。
詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=866660を参照してください

■リモートデスクトップ(RDP)接続エラー解決方法
Windowsボタン>gpedit>ローカルコンピュータポリシー>コンピュータの構成>
管理用テンプレート>システム>資格情報の委任>暗号化オラクルの修復をダブルクリック
rdp1.JPG

未構成⇒有効へ変更
オプション
保護レベル:脆弱
rdp3.JPG

以上でリモートデスクトップが繋がるようになります。
もう一回リモートデスクトップ接続をチャレンジしてみてください。
TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料DNSサーバー APNICとCloudflareが無料提供

APNICとCloudflareは4月1日が「1.1.1.1」という
無料のパブリックDNSサービスの提供を開始したらしい。
IPアドレスが冗談みたいな「1.1.1.1」なので
4月1日のエイプリルフールかと思ったのですが本当のようです!

今まではGOOGLEのパブリックDNSくらいしか知らなかったけどこれで幅が広がりますね。
あとネットの世界はグーグル様が牛耳ってる感があるので
新しいところがサービス提供してくれるのはうれしいです。

[無料パブリックDNSサービス]
優先DNSサーバー:1.1.1.1
代替DNSサーバー:1.0.0.1

Cloudflareでは、1.1.1.1のサービスではユーザーの
IPアドレスを記録しないことをうたっている。
KPMGによる監査を毎年行うことで証明するらしい。
安心して使えますね〜
最近は黙ってユーザー情報使うところ多いからな。

またAPNICとCloudflareが無料提供する今回の無料DNSサーバーは
爆速だとか。他が提供しているDNSサービスよりも速そうです。

[無料DNS設定方法]
Windowsボタン>検索で[ncpa.cpl]と入力
するとネットワーク接続が開きます。

インターネットに接続するインターフェースを選択して
右クリック>プロパティ

イーサネットのプロパティ>ネットワークタブ>
インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択>プロパティ
無料DNSサーバー

全般タブ>次のDNSサーバーのアドレスを使う>DNSの設定>OK
無料DNSサーバー

これで無料DNSを使用することができます!!

■APNICとは
ちなみにAPNICとは「Asia Pacific Network Information Centre」の略で
IPアドレスの割り当て・管理業務を行っているようです。
JPNICはAPNICよりIPアドレスを割り振ってもらい、 そのIPアドレスを
管理指定事業者に対して割り振っています。

TOP OF THE NETWORK×NETWORK
NETWORK×NETWORK
posted by シスコ | Comment(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ
login

無料レンタル
login